乳癌で転移する可能性がある場所

転移によって治療が難しくなる

乳癌は、初期段階から転移しやすいと言われています。そのため、乳癌と診断された方の体内を詳しく調べてみるとほとんどの方が、リンパ節や肺、骨などに転移しているケースが多いのです。しかし、治療を行う箇所が多くなれば、その分の体にかかる負担が増えるため、治療が難しくなるのが現実です。

乳癌において知っておきたい情報

男女

乳癌の特徴

乳癌というのは、乳房にある乳腺という場所に腫瘍が出来てしまう症状です。その症状は、すぐに気づくことは難しいため多くの方が進行した状態で見つかります。しかし、そういう場合はその乳がんが別の場所に転移してしまう可能性があるので、早めに治療する必要があるのです。

リンパ節

乳癌の転移する可能性において、かなりの可能性で転移するのがリンパ節になります。なぜリンパ節なのかというと、リンパ節は乳癌が発生する場所から近いからなのです。そのため、乳癌が見つかり、症状の経過によってはリンパ節に転移しているのかをすぐに確認しないといけません。リンパ節に転移することによって、腕が痺れたり、腫れるといった症状が出てしまいます。

肺の活動というのは、血液を身体全身に送ったり、受け取るといったものになります。そのため、血液の循環で癌細胞が肺に流れていき、癌細胞が肺に転移しやすくなるのです。

癌は骨にまで転移します。骨に転移してしまうと、麻痺や痺れが生じたり、少しの衝撃を受けたことで骨が折れてしまいます。さらに症状がエスカレートすることによって、普段の生活の中で強い痛みを感じることもあるのです。