転移の詳細情報

癌転移の基礎情報

女医

乳癌

乳癌の転移に関しては、全身に転移する可能性が考えられます。その中でも骨や肺、リンパ節が多いのです。最近では、痛みを緩和させることできる治療方法もあるので、じっくり治す必要があります。

肺に腫瘍ができた場合には、リンパ節や骨、脳に転移すると考えられているのです。初期症状が分かりづらいため、ほとんどのケースで気づいたときには癌がかなり進行しているという場合があります。そのため、定期健診を受けて肺に腫瘍がないかを確認しておきましょう。

胃に癌が出来てしまった場合の転移先というのが、腹膜とリンパ節、肝臓になります。胃に関しては、転移を予防する治療も開発されているので、安心して治療に専念することができるのです。

肝臓

肝臓というのは癌を治療したとしても再び出来てしまう可能性の高い臓器になります。なぜならば、肝臓というは血液を送り出しているため、癌細胞も多く集まってしまうのです。そのため、肝臓で腫瘍ができてしまうのです。さらに肝臓に癌が出来た場合には転移のスピードが高いため、早期に治療したほうがいいでしょう。

大腸

大腸に癌が出来た場合は、その他の臓器よりも比較的進行が遅いです。転移するスピードも遅いのですが、主に肺と肝臓になります。早期発見できれば、転移する前に施術することで完全に直すことができるのです。

その他の転移情報まとめ

その他の癌には、食道癌や前立腺癌などがあります。食道癌というのは、見つけることが難しい上に進行がとても早いという特徴があります。そのため、定期的な健康診断が必要です。前立腺癌は、最近急増している病の1つです。骨やリンパ節に転移する可能性のある癌になります。